高分子分析

高分子の構造解析、分子量測定、組成分析の他、熱分析、レオロジー等の熱的特性、重金属をはじめとする各種元素分析、溶出試験、その他の各種分析試験を行うサービスです。また、長年のノウハウを活かし、各種配合材料 (コンパウンド、電子材料、塗料、接着剤等) の成分分析・全組成分析を行います。RoHS規制物質や成形品からのアウトガスの分析にも対応しています。

分子量測定

GPC(ゲル浸透クロマトグラフィー)分析

ポリマー、オリゴマーの相対平均分子量及び分子量分布を測定します。有機溶媒(THF、クロロホルム、DMF、トルエン、HFIP、水等)に可溶なポリマーが対象となります。

溶液粘度

極限粘度の測定から粘度平均分子量が求められます(ナイロン、PET、PC等)。

構造解析

FT-IR分析

得られたスペクトルから、ライブラリー検索や他の分析手段と併用することで、高分子材料や有機化合物の同定を行います。

末端基・官能基分析

中和滴定法・電位差滴定法によりポリマー中の官能基 (COOH基、OH基、NH基、エポキシ基等) 濃度を定量します。

組成分析

未反応モノマー・残留溶媒(GC-MSによる定性・定量分析 HPLC分析)

ポリマー中の残存モノマー、残留溶媒等を熱抽出(TDS法)又は溶媒抽出し、GC-MSによる定性・定量分析や、HPLCによる定量分析を行います。

共重合体組成(Py-GC-MS分析)

パイロライザーを用いて、ポリマーを熱分解し、その分解ガスをGC-MS分析することで、共重合体を構成するモノマー種を推定します。

熱特性

示差走査熱量分析(DSC)

融点・結晶化温度・ガラス転移温度の測定、 融解熱量・結晶化に伴う転移熱量の測定、結晶化度・比熱の測定など熱分解温度等の熱分解挙動を測定します。

熱機械分析(TMA法)
-通常測定(圧縮・引張・針入モード)

ガラス転移温度, 熱膨張率,線膨張係数を測定します(引張モード・圧縮モード・ぺネトレーション)。

熱機械分析(TMA法)
-湿度制御測定

通常のTMAは温度依存性で単位は(1/℃)ですが、湿度制御TMAは吸湿性のある材料(フィルム等)を対象として、膨張率(収縮率)の湿度依存性を測定します(単位は1/%RH)。

熱重量・示差熱量同時分析(TG/DTA)

融点・結晶化温度・ガラス転移温度の測定、 熱分解温度(開始・終了)の測定や残渣分の定量・回収を行います。

比熱容量(DSC法)

JIS K 7123(プラスチックの比熱容量測定方法)に基づいて、DSCを用いて比熱を測定します。

熱伝導率

熱伝導率は、フーリエの法則に従った熱移動現象を評価する指標です。温度差のある二つの熱源に接した物体は、しばらくすると温度勾配が定常状態になります。このときに流れる熱量(熱流)は温度勾配に比例しています。測定法としては、円板熱流計法、熱線法、交流定常法がございます。

軟化・ぜい化

JIS/ISO/ASTMに準拠した各種熱物性試験。荷重たわみ温度(DTUL, HDT)、ビカット軟化温度(VST)、ボールプレッシャー温度(電気用品B法,BPT)、ゴム・プラスチック材料のぜい化温度。

粘弾性

動的粘弾性(DMA測定)

固体試料についてレオロジー測定を行います。周波数一定の温度掃引モードまたは温度一定の周波数掃引モードで貯蔵弾性率、損失弾性率、ガラス転移温度などを測定します。固体材料のレオロジーを測定します。 測定は、①引張モード(JIS K7244-4 t=1mm以下)、②曲げモード(JIS K7244-5 w10×L50×t2~3mm)、③ずりモード、④圧縮モードが可能。

動的ずり粘弾性(レオメータ測定)

回転型のレオメータを用いて、溶液・融液・分散体のレオロジー測定を行います。樹脂のガラス転移温度~溶融時の粘度、熱硬化挙動、定常流粘度、固体のねじり振動、引張、圧縮等の測定が可能です。

溶液・融液特性

キャピログラフによる溶融粘度測定

・JIS K7199, ISO 11443
せん断速度を変えて、溶融粘度を測定します。管長補正による真の粘度、伸張粘度、ダイスウェルの測定もできます。

キャピログラフによる溶融張力測定

キャピラリー(ダイス、オリフィス)から突出されたストランドをプーリー状のロードセルを介し、溶融樹脂の張力を測定します。
加速引取りによる判断時の引取り速度および張力を求める測定や定速引取りによる張力変動(最大、最小、平均値)を求める測定が対応可能です。

回転粘度
-レオメータ(せん断速度掃引)

回転粘度計より、広いせん断速度範囲、温度範囲で、液状、乳濁状又は分散状の樹脂、塗料、接着剤、モノマーなどの粘度を測定します。

回転粘度
-コーンプレート形粘度計(E型粘度計)・B形粘度計

液状、乳濁状又は分散状の樹脂、塗料、接着剤、モノマーなどの粘度を測定します。

PVT特性

冷却時の挙動変化[P(圧力)-V(体積)-T(温度)]を測定し、流動解析、金型設計のシュミレーションデータとして利用します。

MFR・MVR

静的荷重による流れ性を測定します。メルトフローレートMFRはg/10min、メルトボリュームレートMVRはcm3/10minになります。
(JIS K7210 , ASTM D1238)

形態観察

SEM観察

試料の表面や断面の観察、X線分析による元素分析やマッピングが行えます。

光学顕微鏡観察

試料の状態を拡大観察します(倍率 10~500倍)。拡大での寸法測定が可能です(XY, 最小読取量 0.5μm)。

偏光顕微鏡観察

偏光を利用して、試料の状態を観察します(倍率 40~400倍)。

表面特性

接触角・表面張力

CCDカメラで撮影した液滴画像をデジタル化し、接触角測定、液体の表面張力測定および個体の表面エネルギー解析を行います。

表面粗さ

JIS B 0601に準拠した接触式の表面粗さを測定します。算術平均粗さ(Ra)、最大高さ粗さ(Rz)等が測定可能です。

含有元素分析

蛍光X線分析

試料に含まれる元素の非破壊分析です。RoHS規制 有害元素のスクリーニング分析にも対応化しております。

ICP-AES分析

試料に含まれる金属元素の定性・定量分析します。金属元素を主とする約70元素の分析が可能です。ISO17025試験所認定を受けています。

EDX分析

SEM画像観察に併せて、画像のあるポイントの元素分析(ホウ素~ウラン)や元素マッピングが行えます。

イオンクロマトグラフィー(陰イオン分析)

自動燃焼装置と連動した陰イオンクロマトグラフ(装置)を用いて、ゴム・プラスチック・繊維などの高分子材料に含まれる元素を分析します。【分析可能なイオン ・・・ F-、Cl-、Br-、NO2-、NO3-、PO43-、SO42-】
ISO17025試験所認定を受けています。

一般分析

吸水率

24h乾燥した試料を、任意の温度×時間について蒸留水(精製水)中に浸漬し、前後の質量変化から吸水率を算出します。JIS K 7209等。

水分含有率

JIS K 7251-B法(プラスチック-水分含有率の求め方、水分気化法、カールフィッシャー水分計使用)による試料中の水分含有率の測定を行います。

密度・比重

JIS K 7112に準拠した、水中置換法またはピクノメータ法による密度・比重測定。対象材料は固体の成形品やシート、液体の樹脂原料等。

繊維含有率

FRP試料中の繊維質量含有率、繊維体積含有率および空洞率を測定します。GFRP、CFRPを対象とし、3つの試験方法(燃焼法、硝酸分解法、硫酸分解法)に対応できます。

安全性

RoHS規制物質

RoHS、ELV規制物質(元素)の分析です。ISO17025試験所認定を受けています。

アウトガス
-TDS法(加熱脱着法)

成形材料等の試料の加熱時発生ガス、残存溶媒・モノマーの定性・半定量分析を行います。

溶出分析

種々の溶媒に試料を浸漬し、溶出した成分の定性や定量分析等を行います。

分析前処理

分析前処理(分離・抽出・濃縮・精製・洗浄)

弊社の各種分析サービスに関して、必要に応じて前処理(抽出や濃縮等)から承ります。

PAGE TOP