高分子分析

溶液粘度

PDF版は<こちら>からダウンロード

毛細管粘度計によりポリマー希釈溶液の固有粘度[η]を求め、

   粘度式[η]=KMa

からM (粘度平均分子量) を算出します。

方法毛細管粘度計によりポリマー希釈溶液の流下時間を測定し、固有粘度[η]を求め、
粘度式[η]=KMa
からM (粘度平均分子量) を算出します。
ここで、溶媒の種類ならびに測定温度、K、aが既知でなければなりません。
装置毛細管粘度計 (ウベローデ、キャノン-フェンスケ、オストワルド)
動粘度測定用恒温槽 TV-7S (トーマス科学製)
その他必要試料量:樹脂分で1 g位~ 
納期:試料受領後約1週間

技術資料PDF
重縮合 - 高分子の溶液粘度と粘度平均分子量

PAGE TOP