高分子分析

熱重量・示差熱量同時分析(TG/DTA)

PDF版は<こちら>からダウンロード

TG (Thermogravimetry,熱重量測定)とは「物質の温度を調節されたプログラムに従って変化させながら、その物質の質量を温度の関数として測定する技法」で、DTA (Differential Thermal Analysis,示差熱分析)とは「物質および基準物質の温度を調節されたプログラムに従って変化させながら、その物質と基準物質の間の温度差を温度の関数として測定する技法」です。TG-DTAは、この2つの測定を同時に行うもので、分解時の吸・発熱挙動が測定できるほか、ガラス転移温度や融点も分かります。
・熱分解、熱酸化分解挙動の測定
・転移温度の測定
・融点、沸点の決定
・灰分の測定

TGA

リガク社製 TG8120

PAGE TOP