高分子分析

蛍光X線分析

PDF版は<こちら>からダウンロード

蛍光X線分析とは、X線の照射により励起された内側電子が外部にたたき出され、その空位に、より外側の軌道にある電子が遷移するときに発する固有X線(蛍光X線)を分析する手法です。固有X線の波長(エネルギー)は元素に特有で、その波長(エネルギー)から定性分析、強度から定量分析が行えます。

蛍光X線装置の写真

特長非破壊分析で、液体・固体試料の何れも分析が可能という特長があり、迅速・簡易な元素分析として広く用いられております。精度は落ちるものの定量分析も可能で、未知試料のスクリーニング分析として最適です。
装置島津製作所製 EDX-700HS

PAGE TOP