高分子物性

テーバー式スクラッチ試験

概要

サンプル表面の引っかきに対する耐傷付き性を評価します。

仕様

ターンテーブル(試験片)を回転させ、先端刃で一定の荷重を掛けながら試料を引き裂き、塗膜や試料表面に生ずる傷跡を観察し評価します。

taber1

taber2

表1 テーバー式スクラッチ試験について
使用機器 テーバー社製 スクラッチ試験機
試験片形状 Φ120 mmもしくは□100 mm
(試験片中央にΦ6 mmの穴が必要となります)
温度範囲 室温
試験荷重 0 N~5 N、5 N~10 N(0.1 N刻みで調整可能)
回転速度 0.5 rpm(固定)
回転方向 時計回り
先端刃形状 S-20;先端 R=12.7 mm/角度45°
(タングステンカーバイト製)テーバー社純正
S-20-3;先端 R=0 mm/角度30°
(タングステンカーバイト製)テーバー社純正 HONDA仕様
S-20-4;先端 R=2.6 mm/角度55°
(タングステンカーバイト製)テーバー社純正 TOYOTA仕様
※エッジ角度は60° 固定となります。
規格 各自動車メーカー規格

 

表2 先端刃形状図
S-20
(標準)
taberT1
S-20-3
(HONDA仕様)
taberT2
S-20-4
(TOYOTA仕様)
taberT3

PAGE TOP