DJK

高分子物性

抵抗値
-絶縁体(固体)の体積抵抗率・表面抵抗率
-絶縁体(液体)の体積抵抗率

PDF版は<こちら>からダウンロード

絶縁体の体積抵抗率、表面抵抗率 (IEC60093, ASTM D257,JIS K6911, JIS K6271)

二重リング電極法(IEC60093, ASTM D257,JIS K6911, JIS K6271)
108~1016Ωの絶縁体の抵抗率測定。円形電極の間で絶縁抵抗計により電気抵抗を測定し、電極形状から体積抵抗率及び表面抵抗率を求めます。測定方法:500Vを電極間に印加し、1分後の抵抗値を測定します。

測定装置

装置本体:超絶縁計 R-503 (株)川口電機製作所製
電極装置:測定電極 P-616 (株)川口電機製作所製
(体積抵抗率、表面抵抗率とも同じ電極装置を用いて、測定項目に応じて、接続を切り替えます)

推奨試験片形状および電極寸法(下記表)

規格推奨試験片形状表面電極(mm)
裏面電極(mm)
aDdA
ASTM D257φ100×t3mm1008876100
φ50×t3mm50382550
JIS K6911φ100×t2mm80±0.570±0.550±0.583±2
IEC60093φ100×t2.5mm80±0.560±0.550±0.583±2

計算式

体積抵抗率

計算式1

表面抵抗率

計算式2

絶縁抵抗(IEC60167, ASTM D257,JIS K6911)

体積抵抗率、表面抵抗率は試験片の形状要因が反映されるのに対して、絶縁抵抗はテーパーピン間の抵抗値(Ω)で直に示します。

測定方法:絶縁体の体積抵抗率、表面抵抗率測定と同様に、テーパーピンの電極間に500Vの電圧を印加し、1分後の抵抗を測定します。

絶縁抵抗

  測定装置:超絶縁計 R-503 (株)川口電機製作所製