高分子物性

滑り摩耗

  PDF版は<こちら>からダウンロード

特徴

・JIS K7218 A法(リング対ディスク、リング対リング【鈴木-松原式】)および、B法(1ピンオンディスク、3ピンオンディスク)の両方に対応しています。
・リング試験片に熱電対を取付けることにより、摩擦熱の温度上昇の挙動がつかめます。
・レーザー変位計により、試験中の摩耗深さの変化を確認できます。
・限界PV値の見極め精度が向上しました。従来機では、試験中には荷重とトルクの情報しか得られなかったため、限界PV値の見極めが難しく、試験を中止して試験片を確認するしかありませんでした。導入した試験機は、摩擦係数、摩擦熱、摩耗深さの三つのデータを総合的に判断することにより、限界PV値を測定することができます。
・試験時の各種データをEXCELファイルで開くことができるため、解析に便利です。

※弊社では射出成形からの切り出しや、二次加工による試験片作製からも承ります。

すべり摩耗試験

高千穂精機(株)製 ⅢT-2000-5000N型

すべり摩耗試験機      すべり摩耗試験機

仕様

荷重範囲20N~4500N
速度範囲30~3000rpm (リングでの周速度0.035m/s~3.5m/s)
摩擦力検知ロードセルMax 50N, 500Nの2種類
雰囲気温度RT~300℃
油中雰囲気オイル滴下式  循環温度 RT~150℃

データ例(POMで限界PV値を測定)

試料POM
試験限界PV値測定
試験条件速度…0.5m/s一定
荷重20N/10minステップ
試験結果溶融荷重 160N
限界PV値400kPa・m/s

データ例

荷重160Nになった時に、摩擦係数、摩擦熱、摩耗深さがそろって急上昇しているため、160Nが溶融荷重と判断されました。

 

エー・アンド・デイ製 EFM-III-F

データ例

滑り摩耗試験による限界PV値の測定

【限界PV値とは】
PV値とは面圧と速度の積(P×V)であり、摺動面の摩擦熱により樹脂が溶融、焼きつき、もしくは異常摩耗するPV値を限界PV値といいます。

限界PV値に近い条件下では摩擦係数、摩耗量、共に大きくなり、材料がその機能を維持することが難しくなります。
そのため摺動部材として用いられる樹脂が使用環境に適しているかを判断する指標として限界PV値を算出することが一般的です。

弊社では本試験機を用いて動摩擦係数、および試料温度の上昇、疑似摩耗量の増加から樹脂材料の限界点を判断・特定します。

限界PV値測定チャート

Fig. 限界PV値測定チャート  試料:POM 相手材:S45C  (速度0.5m/s 荷重 20N/10min)

 

PAGE TOP