高分子耐久性

応力緩和試験
-引張モード
-圧縮モード

PDF版は<こちら>からダウンロード

概要

クリープ試験は一定荷重を与えて、経過時間ごとのひずみを測定する試験であるのに対して、応力緩和試験は一定ひずみを与えて、経過時間ごとの応力変化を測定します。

 荷重温度(℃)試験可能数
試験機A9.8~2450N23~150n=3
試験機B9.8~9800N23~150n=3

※特殊な形状の使用につきましてはご相談ください。

 試験機の仕様上、試験開始時におきましては、ひずみ制御ではなく荷重制御となります。

 

応力緩和

 

応力緩和表

PAGE TOP