海外試験サービス

海外試験サービスでは、EPA、FDA、UL、OKコンポスト等の海外申請代行、評価業務のサービスを受託しています。

UL申請代行業務

株式会社DJKは、ULへの申請および認定取得について40年来の実績で築かれた全米4ヶ所のUL試験所との緊密な関係のもと、プラスチックス材料のUL申請および認定取得代行業務を行っております。

UL申請コンサルティング

主にUL94/UL746A/UL746B/UL746CについてUL申請の事前準備・申請代行・認定取得後のフォローを含むコンサルティングを行っています。

UL94申請

ULのプラスチック材料の燃焼性特性の申請代行サービスです。

UL746A申請

ULのプラスチック材料の短期物性特性の申請代行サービスです。

UL746B申請

ULのプラスチック材料の長期熱劣化特性の申請代行サービスです。

UL746C申請

ULの電気電子分品に使用されるプラスチックの申請代行サービスです。

UL746D申請

ULの成形加工業者の材料追跡プログラムの申請代行サービスです。

UL1446申請

ULのプラスチック材料の絶縁システムの申請代行サービスです。

ULスクリーニングテスト

UL申請費用は申請内容にもよりますが高額です。ULにサンプル提出前にスクリーニングテストを実施することをお勧めしています。DJKでは、スクリーニングテストを実施することができますので是非ご利用ください。

UL試験用の試験片成形

DJKでは、UL申請用の試験片作製サービスを受託しています。原材料からの射出成形・圧縮成形・注型成形および製品から切削、切り出し加工等も行っておりますので是非ご利用ください。

レギュラトリーサービス

株式会社DJKでは下記のFDA(米国食品医薬局申請代行)、EPA(米国環境庁申請代行)その他米国官庁、工業団体、その他関係協会向けの申請代行業務全般を中心に活動しています。

レギュラトリーサービス(概要)

レギュラートリーサービスについての説明

PMN申請(Premanufacture Notification)

ポリマー除外規定以外は米国環境庁(EPA)へ新物質の届け出が必要で、これをPMN(Premanufacture Notification)といいます。

LVE申請(Low Volume Exemption)

製造・輸入量が10 ton/年未満の場合は、簡略化した少量新規申請(LVE: Low Volume Exemption)があります。

ポリマー免除及びその届出

米国のTSCAでは、新規化学物質を製造・輸入する際には、事前にEPAに届出が必要となります。この際、一定の条件を満たすポリマーは事前の届出が免除され、製造・輸入後の簡単な届出で済ますことが出来ます。

NOC届出(Notice of Commencement)

PMN申請が認可された後に輸入(又は製造)が可能になりますが、30日以内に届出(NOC: Notice of Commencement)をEPAに提出する必要があります。

Bona Fideによる既存化学物質の確認

TSCAのインベントリー(既存化学物質リスト)に確認を行うことができます。

DMF申請(Drug Master File)

FDA向けDMF(Drug Master File/ドラッグマスターファイル)に関する各種申請代行業務を承ります。2017年5月5日以降のeCTD申請にも対応しています。

MAF申請(Master Files for Devices)

FDA向けMAF(Master Files for Devices/メディカルデバイスマスターファイル)に関する各種申請代行業務を承ります。

間接食品添加物

Indirect Food Additive Petition
Food Contact Notification
NON Objection Letter 取得業務

化粧品、サプリメントのFDAラベル登録

ラベル登録

Certificate Report 発行

FDAコンプライアンス第三者確認レポート

21 CFR販売

FDA規格販売のお知らせ(2009年度版)21 CFR、Part 170-199

EPA・FDAコンサルティング業務

EPA・FDA関連情報レポート提供
EPA/FDA関連トピックス出張セミナー
FDAに関するQ&A
EPAに関する質問対応・コンサルティング
一般レギュラトリー関係相談料
一般技術関係相談料
自主的EPA/GLP対応コンサルティング及び工場指導
米国情報自由化法に基づくFDA資料入手
レギュラトリーサイエンスセミナー
排ガス規制(エバポ規制)申請コンサルティング

FDA Compliance 試験

21CFR, Part170-199の間接食品添加物

立会い、実地監査、書類オーディット

国内、海外(提携先)を通じて実施

生分解性試験

DJKでは、欧州ベルギーのOrganic Waste Systems(OWS)社と業務提携して広範囲にわたる生分解性プラスチック及びその製品に関しての生分解性試験(バイオディグラデーション評価・試験)サービスをお引き受けしております。

生分解性プラスチックとは

現状の廃棄プラスチックの問題から生分解性プラスチックの必要性、種類について

生分解性プラスチック認証とは

生分解性プラスチック認証の必要性、提携先試験機関(OWS)、認証機関について

生分解性プラスチックのカテゴリー

生分解性プラスチックのカテゴリーについて

バイオマスプラスチック

バイオマスプラスチックの特徴について

Vinçotteの認証種類

OK compost,
OK compost Home,
OK biodegradable Soil,
OK biodegradable Water,
OK biodegradable MARINE の要求規格について説明

生分解性プラスチック総合規格

EN 13432, ISO17088, ASTM D6400について説明

Chemical Characteristics(化学的特性)

EN 13432, ISO17088, ASTM D6400
当該規格に基づく化学的特性の要求項目についての説明

Biodegradation(生分解度)

ISO 14855-1,-2 (JIS K6953-1,-2, ASTM D5338)
当該規格に基づく生分解度の要求項目についての説明

The Degree of Disintegration(好気性崩壊度)

ISO 16929(JIS K6952), ISO 20200(JIS K6954)
当該規格に基づく好気性崩壊度の要求項目についての説明

Ecotoxicity(環境毒性試験) Plants toxicity

EN 13432, ISO17088, ASTM D6400
当該規格に基づく陸生植物の発芽および成長試験について説明

海外規格申請代行

DJKでは、国内で試験が対応できない海外規格の試験項目について、海外の試験所に依頼し、データ採取のサービスを実施しています。

AMECA(Automotive Manufacturers Equipment Compliance Agency, Inc)

【米国の自動車部品の登録機関】
前身はAmerican Association of Motor Vehicle Administrators, (AAMVA) since 1967.AMECAは、米国の自動車部品の登録機関です。提出するデータは、AMECAより認定された試験所で実施された試験であることが前提となっております。

NSF International

【米国の食品、飲料関係機器、衛生関連機器標準化機関】
1944年に設立された機関です。NSFマーク表示制度があり、NSFのStandards and Criteriaに合致した製品についてはNSF認定品として表示が許可されます。主な規格はANSI規格として採用されています。

CSA(Canadian Standard Association)

【ULと相互認証】
CSA(カナダ規格協会)はカナダにおいては工作機械,電気機械,電子機器,医療機器,事務機器など電気品を使用する機器類について,人命および財産の安全を保証することを目的として制定された半官半民の組織です。

海外規格試験受託

ASTM規格燃焼性試験

世界最大規模の標準化団体であるASTM International(米国試験材料協会:旧称 Americn Society for Testing and Materials)が策定・発行する規格です。

BS 規格燃焼性試験 ~ 客車用材料 BS6853

BS規格とは、英国規格協会(BSI=British Standards Institution)によって制定・発行された英国の国家規格です。BSIは、英国王室の認可(Royal Charter)を受け、設立後108年の歴史を誇る世界のリーダー的な標準化機関と認められています。

航空機用材料試験

米国にはRTCA(航空通信技術委員会)が策定したRTCA/DO-160F(機上設備に対する環境条件と試験手順)やCFR(米国連邦法令集)に準じた米国連邦航空局耐火性基準(FAR25.853)などさまざまな航空機用材料の試験もございます。

促進暴露試験

自動車、電気製品などに組み込まれるプラスチック成形品、金属塗装したパネル、織物、フィルムなど屋外で使用される製品は耐候性、耐UV性、温度変化、その他外部環境に対する長期に亘る性能劣化を評価する必要がございます。

その他

その他のASTM、BS、BSS、CFR、FAR、ISO、NFPAといった国際規格の試験について取り組んでおります。

コンサルティングサービス

各種コンサルティング

DJK Consulting and Lab Networkは自動車、電子機器、医薬品、一般電化製品向けのプラスチック素材について40年以上の経験があり、大手企業を含むお客様の多数の調査、課題等のプロジェクトを担当させていただいております。

PAGE TOP