海外試験サービス

2.生分解性プラスチック認証とは

生分解性プラスチック認証は、ISO規格を始め、EN規格、ASTM規格等のグローバルスタンダートにより、生分解性プラスチックの認定基準が定められており、対象試験材料がその基準を満足していることを認証するシステムであり、ISO 17025相当レベル(GLP Good Laboratory Practice)の試験所で行った試験データをOne Stop Dataとして世界的に認められるものです。

日本ではグリーンプラ識別認証制度があるが、世界的にみると欧米各国では本認証システムが進んでおり、認証を取得してない材料、製品を使用する場合は高い税金を支払うようになっているため、材料をグローバル展開するためには、欧米の認証を取得する必要があります。DJKでは、ベルギーにある試験所(OWS Organic Waste System)と提携し、下記認証機関から認証を取得しています。

OWS (http://www.ows.be/): 1988年創業、生分解試験の他、バイオガスプラントの運営およびコンサルティングを業務としている。生分解試験に関しては、独立試験所としてISO 17025を取得しており、20年以上の歴史があり、2500以上の材料認証をしています。日本ではDJKが唯一の代理店となっており、180件(2015年12月現在)の材料認証のサポートをしています。

[認証機関と使用ロゴ]

EuBP,ABAマーク

Vincotte

DINマーク

他にカナダ、イタリア、スウェーデン、韓国、台湾等の各国の生分解認証が可能です。

 

生分解性に関するページは以下のような構成になっています
1.生分解性プラスチックとは
2.生分解性プラスチック認証とは <現在のページ>
2-1 生分解性プラスチックのカテゴリー
2-2 バイオマスプラスチック
3.TUV AUSTRIAの認証種類
4.生分解性プラスチック総合規格
5.Chemical Characteristics(化学的特性)
6.Biodegradation(生分解度)
7.The Degree of Disintegration(好気性崩壊度)
8.Ecotoxicity(環境毒性試験) Plants toxicity

PAGE TOP