海外試験サービス

NSF Internationalの認証と試験サービスについて

【NSF International(NSF)とは?】

Logo of NSF

NSFは公衆衛生・安全・環境の向上を使命とする、1944年に設立された米国の非営利第三者機関です。食品・飲料水に接する材料・製品の安全性の規格の作成、規格に対する評価、認証などを行っています。
また、食の安全・水の安全・屋内空気環境の分野において、世界保健機関(WHO)の北米のコラボレーションセンターとなっています。厚生労働省の外国公的検査機関にも登録されています。(登録番号:US20145)

NSF building

 

【NSF認証について】

NSFでは幅広い分野にわたって多くの規格がありますが、その中で下記のような代表的な認証がございます。

NSF/ANSI 14:プラスチックパイプ部品と関連材料
あらゆる用途のプラスチックパイプ、給水、排水、食材、ガス、電気配線などに使用される材料および製品をカバー。用途に応じ、異なる要求がある。

pipe

NSF/ANSI 61:「水源から蛇口まで」飲料水用途の材料・製品が及ぼす健康への影響を評価
管・継手、塗料、機械装置、プロセス機器、水道メーター、バルブといった製品や材料をカバー。どのような化学物質が水に混入または溶出するのか、また最高基準値内であるかを確認する。

pipe

NSF/ANSI 51: 食品機器の材料
業務用食品機器・調理機器(ブロイラー、飲料ディスペンサー、まな板、鍋等)や部品(チューブ、シーラント、ガスケット、バルブ等)の製造に使用される材料や上塗りに関する衛生性の要求。

pipe

 

【NSFで行われる試験について】

NSFでは規格に基づいたテストサービスも行っています。

ASTM D2837:長期静圧試験
プラスチックパイプが最低50年間の使用可能寿命を持つことを証明。冷水用途の場合は23℃で2,000時間から10,000時間を試験、温水・冷水用途の場合は23℃と82℃を2,000時間から16,000時間を試験する。

hose

ASTM F2023:耐塩素性試験
温水・冷水用途の配管(PEX, PE, PP, PE-RT)に対し、ASTM規格は材料がASTM F2023に従い耐塩素性試験を満たすことを条件とする。

waterhose

ASTM F2567:耐紫外線試験
屋外で使用される配管(主にPEX)に対しての試験。

sky

・その他に水道関連の規格に準じた多くの試験を行っております。NSFで対応している水道関係の規格試験の一部をまとめましたのこちらのPDFからご参照ください。

tap

 

【食品製造プロセス関連で要求される認定について】

NSFでは食品製造に関連した認定もあり、代表的なものとしては潤滑油におけるH1認証等がございます。

・H1 「食品に偶発的に接触する可能性がある箇所に使用できる潤滑油」
・HT1「食品に偶発的に接触する可能性がある箇所に使用できる熱媒体油」
・3H「食品が付着するのを防止するため、接触する硬い表面に使用できる離型剤」

他にもカテゴリーが存在し、HACCP、ISO22000、FSSCC22000認証等の関連で、各メーカーに認証要求される可能性があります。カテゴリーについては下記の通りです。

コード 内容
A 洗浄剤
B ランドリー
C 製造過程以外の製品
D 抗菌剤
E 手洗い製品
F 農薬等
G 水処理関連
H 潤滑油関連
J 吸収剤、滑り止め防止剤等
K 溶媒洗浄剤
L 排水洗浄剤
M 金型離型剤
N 乾燥剤
P その他
Q 卵の殻の洗浄剤関連
R コーティング剤

laundry

 

【DJKは何をサポートするのか?】

DJKは、NSF Internationalと協力の上、認証手続きや試験申請代行及びコンサルティングを行っています。

sky

PAGE TOP