基礎研究/開発支援

UV硬化樹脂

UV硬化樹脂は、光(紫外線)の照射により発生するラジカルやカチオンを開始種として、ビニル基、アクリロイル基やエポキシ基など重合能を有するオリゴマー、モノマー間の反応により架橋構造が形成されます。
●UV硬化技術の特長
‣室温・短時間硬化が可能で被着体へのダメージが少なく省エネルギーである。
‣無溶剤化が可能で環境負荷が少ない

●UV硬化樹脂に関するDJKの受託研究・試験業務

項目 内容
少量合成 ‣各種アクリレートオリゴマー、多官能アクリレートモノマー等の少量合成
‣UV硬化樹脂組成物の調製
未硬化樹脂の分析
(組成物)
‣オリゴマー成分の分子量測定   ‣構造推定
‣モノマー成分の構造推定     ‣組成物の粘度、色相
‣フィラー/顔料の定性分析
樹脂硬化物
の物性評価
‣樹脂硬化物の作製(塗膜、樹脂シート等)
‣塗膜物性(鉛筆硬さ、密着性、耐折り曲げ性、耐薬品性)
‣樹脂シート物性(硬化収縮率、光線透過率、屈折率、引張強さ、接触角)
‣接着力(せん断、引き剥がし)
処方検討 既存樹脂組成物の改良、重合性オリゴマー・モノマー・開始剤の選定と最適配合比、
添加成分検討(塗料・コーティング剤、接着剤、ソルダーレジスト等)
評価用サンプル
少量作製
塗料、ハードコート、レジスト、樹脂硬化物および試験片の作製

技術資料PDF
UV硬化樹脂(光カチオン硬化)
UV硬化樹脂(光ラジカル重合)

PAGE TOP