お問い合わせはこちら

SERVICE
事業案内

ICP-AES (Inductively Coupled Plasma Atomic Emission Spectroscopy,誘導結合プラズマ発光分析)

ICP-AESは溶液試料が対象なため、固体試料の場合は何らかの方法で溶液化しなければなりませんが、多元素を同時に分析できる、ダイナミックレンジが広い、といった特長があります。

このICP発光分析で試料中の金属の定性・定量分析や溶出金属の定性・定量分析等が可能です。

ICP-AES

特長 金属元素を主とする約70元素の分析が可能。
方法 プラズマ中に霧化した液体試料を導入し、プラズマ内で観測される発光を分光器で元素ごとに分光して、元素の定性分析・定量分析を行う。
装置 ICP発光分光分析装置 Optima 2100 DV (パーキンエルマー製)
その他 必要試料量 : 0.1 g 程度~