お問い合わせはこちら

SERVICE
事業案内

バーコル硬さは、GFRPの品質管理で多く使用される測定方法です。 バーコル硬さも、押し込み硬さの一種であり、機構はデュロメータ硬さに似ています。 円錐形の押針を試験片に押付け、最大値を読取ります。

バーコル試験器

試験片 70×70mm以上、厚さ1.5mm以上
測定方法 バーコル硬さ試験器を試験片に押付け(押付け荷重50~80N)、指針の最大値を読取る。

バーコル硬さ試験器の形式

※GFRP測定では、通常はAタイプを用い、30以下の場合はBタイプを用います。
※キャリブレーション:ガラス板に押当て、指示値が100±1になるように調整し、次にアルミ合金製基準片に押当て指示値になるように調整します。

タイプ 記号 機種名 アルミ合金製
基準片の指示値
適用材料
A HBI-A GYZJ934-1 85~87(硬質)
43~48(軟質)
硬質プラスチック
FRP, PS, PC
B HBI-B GYZJ935 87~89 軟質材(PP, PE)