お問い合わせはこちら

SERVICE
事業案内

本試験は、ダイ内径(φ25.40mm)に対してわずかなクリアランスを持ったポンチ(φ25.37mm)をもって打抜く時の最大荷重より、せん断強さを求めます。

sendan1

■ワンポイントアドバイス

せん断弾性率は、打抜きせん断試験から求めることができません。せん断弾性率は、横弾性率とも言われ、直接、測定することが難しい物性値の一つです。 せん断弾性率(G)は、引張弾性率(縦弾性率 E)とポアソン比(ν)から近似値を算出することができます。

sendan2

FRP横せん断試験

ジョンソン形2面ジグを用いたGFRPの積層面に垂直な方向のせん断試験です。

sendan3

sendan4

FRP層間せん断試験 試験規格と試験条件

試験形態は、支点間距離を極端に短くし、曲げ成分(試験片下側の引張)を小さくした三点曲げです。 本試験の目的は、層間の接着性能をみる試験です。

標準厚さ 長さ 支点間距離 試験速度
(mm/min)
圧子のR(mm)
荷重側/支点側
JIS K 7057(FRP) 2mm 20mm 10mm 10mm 1.0 5.0/2.0
JIS K 7078(CFRP) 3mm 21mm 10mm 15mm 1~2 5.0/2.0
ASTM D2344 h 6h 2h 4h 1.0 3.0/1.5

sendan5