お問い合わせはこちら

SERVICE
事業案内

高分子を合成する重合反応は、その反応機構により連鎖重合と逐次重合に分類されます。
連鎖重合は、少量の開始剤から生じた活性種にモノマーが反応して新たに同類の活性種を生成し、この反応が連続的に起こりポリマーを生成するプロセスです。モノマー構造の違いから付加重合と開環重合に分類され、さらに活性種の違いにより、それぞれラジカル重合、アニオン重合、カチオン重合、配位重合に分類されます。このうち、ラジカル重合は活性の高い中性ラジカルが成長種となり多様なビニル化合物の重合に適用できることから工業的に有用な重合法です。
●連鎖重合…ラジカル重合、アニオン重合、カチオン重合、開環重合、配位重合
●逐次重合…重縮合、重付加

DJKでは、ラジカル重合によるポリマー合成に関して下記の研究・試験業務を受託しています。
‣フリーラジカル重合法により様々なホモポリマー、コポリマーを実験室レベルで少量合成します。
‣バルク、溶液、懸濁、乳化の各重合様式に対応します。
‣リビングラジカル重合法(RAFT重合)により分子量分布が狭く、所定の分子量にコントロールされたポリマーを合成します。
‣改質成分を組み込んだ共重合ポリマーの合成検討、新規モノマーの重合性評価、得られたポリマーの物性評価を行います。

対象モノマー ‣共役系ビニルモノマー(スチレン誘導体、1,3-ジエン類、(メタ)アクリル酸エステルなど)
‣一部の非共役系ビニルモノマー(塩化ビニル、酢酸ビニルなど)
⇒懸濁重合、乳化重合
‣酸基、アミノ基、グリシジル基などの官能基を含有するモノマー
対象ポリマー ホモポリマー、ランダムコポリマー、グラフトポリマー
重合方法 バルク(塊状)、溶液、懸濁、エマルション(乳化)
ポリマーの評価 ‣ポリマー特性…分子量および分子量分布(GPC)、ガラス転移温度、結晶化温度、融点、軟化点、分解開始温度、溶融流動性
‣材料物性…成形加工性、力学特性、光学特性、電気特性、耐久性、燃焼性、摩擦摩耗特性、ガス透過性
用途展開 成形材、粘接着剤、コーティング材、エラストマー、改質剤、分散剤など

技術資料PDF
ラジカル重合