お問い合わせはこちら

SERVICE
事業案内

高分子材料は、その用途の広がりに伴い要求性能が多様化、高度化し、単一のポリマーで様々な要求を満たすことが難しくなっています。この解決手段として、特長が異なる複数のポリマーを混ぜ合わせて、長所を活かしながら短所の改善を図る技術がポリマーブレンド/ポリマーアロイです。

●ポリマーアロイに関するDJKの受託研究・試験業務

項目 内容
ポリマーアロイ調製 ‣非相溶系ポリマーの相容化検討(コンパティビライザー、作製条件等)
‣反応押出(リアクティブプロセッシング)によるアロイ化の検討
‣二軸押出機を用いた部分相溶系・非相溶系ポリマーアロイの試作
物性評価・組成分析 ‣力学特性(引張弾性率・強さ・伸び、曲げ強さ・弾性率、耐衝撃性、硬さ)
‣熱的特性(ガラス転移温度、結晶化温度、融点、溶融粘度・流動性)
‣成形加工性(スパイラルフロー、成形収縮率、寸法安定性、成形品外観)
‣二次加工性(塗装性、接着性)
‣耐久性(耐薬品性、耐候性、耐摩耗性、耐ストレスクラック性)
‣ポリマーアロイの組成分析(樹脂組成、フィラー成分、ゲル分率)
既存アロイの改良・
コンパウンディング
‣ご要望に応じて、現在ご使用の既存ポリマーアロイの改良検討を行います。
‣ポリマーアロイにフィラーを練り込み、機能性コンパウンドとします。

技術資料PDF   ・ポリマーアロイについて
         ・PPE系ポリマーアロイ


【参考文献】弘中克彦;日本ゴム協会関東支部アドバンテックセミナー2014講演要旨,p.2 (2014)